等身大パネルとして作成される種類について

ウェルカムボードとして作成されるタイプ

等身大パネルは様々な場所で使用されていますが、その中でも一般的によく見かけるのがウェルカムボートになります。商業施設などは入口に必ず取っていいほど設置されており、目にした人はインパクトがあるので印象にのこりますよね。またその他には企業などの入口に置かれることもあり、お客様を迎える役目になるのでウェルカムボードと呼ばれているタイプのパネルになります。ウェルカムボードとして活用されることが多い為、パネルの特徴も企業や商業施設など用途に合わせて様々な種類が数多くあるのも特徴の1つといえます。企業であればエンブレムと合わせてメッセージなどが印字されている物が多く、商業施設であればパネル全体がキャラクターがデザインされている事もあります。また形もシンプルな長方形だけでなくキャラクターの形にかたどられていたりとオリジナルな物が多いですよ。

机の上にも置ける卓上サイズの小さいミニタイプ

等身大パネルと聞くと大きなタイプのパネルをイメージしますが、実は小さいタイプも存在していますよ。企業や商業施設などの入口に置かれているウェルカムボードタイプを、そのまま小さくした物をミニパネルと呼ばれるタイプの種類になります。大きなサイズはインパクトがあり印象に残りますが、サイズが大きい事から置く場所も限られてしまいます。ですが卓上サイズのミニタイプであれば、様々な場所に設置さえせることが可能なタイプです。インパクトとしては多少こころもとないタイプですが、様々な所に設置できることから多くの人の目に止めてもらえることが多いタイプですね。そのため利便性の高いパネルになります。

旅先などでも人気が高い顔抜きパネルタイプ

等身大パネルの種類の中でも、多くの人が利用した事があるタイプとして顔抜きパネルがあります。テーマパークといった場所の他に観光地などに設置されていることが多く、旅の記念としてパネルを利用して写真を撮影する人が多い種類の1つです。また顔抜きパネルのデザインでインパクトが強いタイプであれば、多くの人に話題になりパネルを目的として人が集まるといった事もあります。また顔抜きパネルは観光地やテーマパークを宣伝する看板の役目だけでなく、多くの人が記念として撮影することが多いので印象に残るタイプのパネルになります。また同じパネルが複数あるわけではないので、そこに行かなければ見る事が出来ないものとして特別感も高いタイプといえます。

記事一覧